2009年12月アーカイブ

 この日曜日、TVを観ていると小室哲哉さんがみのもんたさん司会の番組に出て

今回の詐欺の一連の事件を振り返り、
対談をしていました。

この事件は結局、借金と慰謝料モロモロ6億4800万をavex 社長の

松浦氏が個人で肩代わりすることで執行猶予つきになっているそうです。

小室さんが絶頂期、あまりの小室さんの非常識さと天狗になっている態度に

耐えかねてavex は一度、契約を解除し決裂したことがあるそうです。

 しかし今回の事件で彼にピアノが弾ける環境を提供した松浦氏。

最初はもちろん借金の肩代わりをする気などは毛頭なかったそうです。

しかしそのピアノを弾く彼の姿を見、さまざまな彼が世に出して来た

音楽を聴いて過去のさまざまなことを思い出したそうです。

「もし小室さんがいなかったら今のavex はなかった。音楽のこと

業界のこと僕は小室さんに教えてもらったし、ELTや倖田來未なんかも存在しなかった。

僕は純粋に小室さんともう一度仕事がしたい」と話していました。

決して見返りなど期待していないという松浦氏の男気、素敵だなと思いました。

小室さんもきっと「個」としては才能にあふれた素敵な人なのだと思いますが

松浦氏の腹のすわったあの姿勢には見習うべきことがたくさんあるように

思います。

 小室さん 絶対にいい曲書いて恩返しして下さいね。

と言いたいな。

そして仕事をする人間として「一緒に仕事がしたい」というのは最高の褒め言葉のように思う。

top


 3?4カ月に一度、J-wave boom-Town さんでお取り寄せの商品を紹介しています!!

 今日は久しぶりに出演で冬のお取り寄せを紹介しました。

今日紹介したのは北のフードソムリエのチーズフォンデュでした。

チーズ好きの私としては、たまらない?。

クリス智子さんも絶賛してくださいました。

よかったらショップさんをのぞいて下さいね。

http://www.rakuten.co.jp/food-hokkaido/531815/653837/


J-waveはこちらでーす

http://www.j-wave.co.jp/original/boomtown/

top


 先週の土曜日、途中から雨が降ってきて寒い午後でしたが

弊社がデザインをお手伝いしているドキュメンタリー映画「生まれる」のイベント

に参加してきました。

都合で1時間ほど遅刻してしまいましたが無事到着。

監督Tomoさんの映画製作の経緯のお話はすでに
終わっており、パネルディスカッションに移っていました。


◆テーマは「うまれる」ってどういうこと

ゲストは

 久保純子さん(アナウンサー)

 胎内記憶のご本なども多数出版されている 池川明先生(池川クリニック医院長)

 大葉ナナコさん(バースコーディネイター)

でした。お仕事はもちろんママ大先輩の久保さんと大葉さんのお話しは

会場にいた多くの新米ママたちの気持ちをどんなに楽にしたことか。

池川先生の赤ちゃんの産まれてくる前の胎内記憶お話や具体的な事例の

数々もとても興味深かった。


◆講演:「うまれる」って奇跡だよね!  講演者:大葉ナナコさん

 そして私もいつもお世話になっているナナコさん。

溢れんばかりの知識と楽しいジョークで会場を和ませていました。

さすがです

そしてそして!!!

◆ミニドキュメンタリー上映「不妊と流産を乗り越えて」

 これはもう感動モノです。こんな予告なのに完成度高くていいの?

と思ったくらい。

http://www.umareru.jp/blog/2009/12/post-124.html

完成がとにかく楽しみです。

(言葉はありません。興味があったらぜひ上記をご覧になって下さい
同じものを公開しています)


私たちもこのような映画に携わらせて頂いていることに深く感謝して

来年の秋まで進めていけたらいいなと思っています!!

top


 昨日銀座を歩いていたらこんなものをみつけました。

願い事を書いて下さいと・・・・。


いろいろと考えるものですね。笑

すでに短冊は品切れでしたが・・・・・・

top


 平林都さん 接遇・マナー講師、最近は「エチカの鏡」で有名になりましたね。

昨日、打ち合わせまでに時間があったので本屋さんに寄ったら新書「接遇道」をみつけました。

賛否両論、意見はいろいろとあると思いますが私は彼女の研修すごいと思います。


接遇とは 「人を喜ばせる応対のかたちと心」

店舗や企業にお客様がまた来たくなる、頼みたくなるそんな、対応や人柄。

自分のところに来てくれた人に、楽しく気持ちよくなってもらい、帰るときに

笑顔になっていてもらうこと。相手の仏調面を、自分の笑顔で融かすこと

それが彼女の考えです。

最近はこの接遇が出来ているところと出来ていないところが両極端な

気がします。

おすすめ書籍、弊社も指定図書にしようと思います。

デザイナーにも接遇を心得ているかいないかでは大変な差が出ますね。

top