2011年1月アーカイブ





 ゼミで知り合った友人、筆跡鑑定士の長谷美稀子さんに筆跡を鑑定していただきました。


筆跡鑑定とは、その人の筆跡でその人の性格が読み取れるというもの。


P1280141.JPG

以前、知り合いのフォトリーディングの講師が筆跡を勉強して、それを仕事に役立てているというのを


聞いたことがあって私も勉強してみたいと思っていました。


この出会いはとても貴重~。


今回、是非にと私と弊社の代表のものを鑑定して頂きました。


結果は目が点・・・・・ どちらも「ドンピシャ」


なぜハガキに指定の宛名を書いただけでこんなにも手に取るようにわかるのか、


不思議というか感心してしまいました。


 鑑定して下さった長谷美稀子さん、筆跡にとどまらず、算命学、タロット、マヤその他にも


いろんな深い知識を持たれていて、ときどき彼女の話されることは宇宙人のよう。


女性としてもすごく可愛らしいし、こんなにも魅力的な方は中々いませんよ~。


半年前は彼女が話していることが宇宙人のようでまるでわからず謎の人でしたが


今はなんとなくわかるようになりました。


彼女の鑑定によると


 「私はかなり自由奔放、自ら何かを作り出していくことに魅力を感じる人だそうです。

調整役型リーダー、何より大きな特徴は"臨機応変"ということだそうです。」


鑑定書を読んで、自分ですっきりしちゃいました。


A4 1枚程度の鑑定で5000円です。ぜひお試しください~。


真剣に筆跡を勉強しようかと思っているのでした~。

top

jal2.jpg

先日、再建中の日本航空がロゴマークを変更すると発表がありました。


企業のロゴマークのお手伝いをさせて頂くことの多い弊社、とても興味深くこの


ニュースを拝見しました。


日航の大西社長曰く、


「創業当時の原点に立ち返り、挑戦する決意を表した」と説明されていました。


特に大きな組織にとってロゴマークは大きな役割を果たします。


意識の表れ。対外的だけでなく社内に向けてのメッセージになる。


ひとつの事例としてこれからどう変化していくか興味深く拝見したいと思いました。

top


 弊社ではここ1~2年で情報セキュリティに関するルールを整備しそれをミーティング時に


読み合わせたり確認する勉強会を実施しています。


又、年に2回、情報セキュリティに関するテストを外部のコンサルティング会社の


方に作成して頂き、実施しています。


定期的にみんなで確認してチェックしていくことによって安心できますね。


専門的なデザインの知識だけでなくスタッフにはその周辺情報にも気を配って欲しいな


思っています!!

top

 月に1~2回程度、社内をみんなで清掃するクリーンデーを


設けています。


掃除ってきれいになるのはもちろん気持ちが整理されていいですよね。


スタッフ全員で行うのもチームビルディングには最適ですよ。


流し、トイレなどの水回り、窓ガラス、床、棚、机の整理など


みんなでローテーションをくんでやってまーす。


今日は寒いですか頑張りました~ 笑

top


 「デザイン会社」というととても派手なお仕事をしているイメージを持たれている方も


多いようですが実はとっても地味だなと思っています。


特に弊社のように広告というより、ブランディング。


一発の広告よりも末長くクライアントとお付き合いをしてじっくりとクライアントと向き合わせて頂くとこの


いうスタンスを出来るだけ守りたいと思っています。


 ひとつの仕事を通してそのクライアントの事を知り、ご担当者の方と信頼感を築いていくのは、


この上ない喜びだと感じています。


先日も10年来続けさせて頂いている施設のイベントにスタッフと参加してきました。


現在のご担当者の方はもちろん、既に現場から離れてしまっている方、


転勤されてしまった方などたくさんの方々に久しぶりにお目にかかることができました。


私も既にその仕事のほとんどをスタッフに任せていますが久しぶりにお会いすると


自分が現場にいた時のことを思い出し、ひとつのファミリーのようであったなと思います。


そんな仕事に巡り合うことなど中々ありません。


とても温かい気持ちになった一夜でした。

top

厳しい営業会社で有名な商社に20代の頃、7年の間在籍していました。


営業の職種の他、事務、システムエンジニア、プログラマー、インストラクターなどさまざま


な職種がいましたがこの会社はその職種の中でどんなに優秀でも営業マンの給料を抜くことが


難しいほど、典型的な営業会社でした。


毎朝、朝礼では「昨日の決定は?」の声に営業ひとりひとりが「○○、2台決定しました」と発表すると


拍手、逆に決定がない営業は「決定はごさいません」と、そんな時、なんとも肩身のせまいいやな


空気が流れます。


よく営業マンには 私も営業向きだから職種を転向しろなどと言われていましたがとてもとても


あのプレッシャーに耐えられるような精神力は当時の私にはなかったな。


しかし成績優秀な営業マンに限って信頼出来ない人が多くて、クライアントからもクレームが言わ


れることも多く、


その後のフォローの大変だったこと。


それでも成績優秀な営業は花形でいつもチヤホヤされてばかりいました。


なんかブログを書きながらそんな記憶がふと蘇ってきました。


そんな中、これまで営業マンのさまざまな人々をみて来た中で、この方は「すごい」と今も心から


尊敬する方がいます。


会社を運営する前からご一緒させて頂いた方なのですが、私は彼に、「負けて勝つ」という営業と


してある種の真髄みたいなことを学びました。


決してクライアントの要望を断らず「はいはい」と聞きながらもいつの間にか自分のペースに


持っていく。


偉くなられても現場主義を貫き通し、惜しみなく人一倍仕事をされているお姿にはいつも敬服い


たします。


偉くなりすぎて今はご一緒する機会がほとんどなくなってしまいましたが時々、担当する仕事で


お見かけした時、背筋がピンとするようなそんな気にさせられます。


これからも少し遠めにお姿を拝見出来ると嬉しいですね。

top


book2.JPG


「デザインを広げるプロデュース術」と題してクリエイティブで働く

プロデューサー、マネージャー向けに書かれている本です。

デザイナーに焦点をあてた本はたくさんありますがこういった本は珍しいですね。

弊社のアートディレクターの推薦で読んでみました。

とても参考になりました。同じ業界や会社でプロデュースする立場の方はぜひ!

top

 この春からプロ野球に入団が決まっている斉藤祐樹選手。


年初の日経新聞に彼のインタビュー記事が掲載されていました。


彼の人気は周知の通り。プロ野球でも北海道の活性化にも大きく貢献されるのだと


思いますがすごいなと思ったのは彼の視点の広さです。


甲子園の同期で既に活躍している選手も多いなか、まず高校生でありながら冷静な判断で


大学に進学したこと、きっと私が同じ立場だったらすぐにでもプロになって活躍して、


稼いで遊びたいと安直に考えるだろう。


でも彼は、大学4年間だからこそ違う分野の人にも会うことが出来たしそれは人生に


とってとても大切なことというようなニュアンスのことを語っていました。


きっと彼には人生を「大きく観る」俯瞰してみるという視点があるんですね。


それはご両親やお仲間、監督のアドバイスなのか彼の資質なのかはわかりませんが


それを実践している斉藤選手 素晴らしいな~。


私も仕事も子育ても、人間関係も遊びも全て大きく観るということを今年は心がけたいなと


思います。

top


p2.jpg

 年末年始の休暇を利用して友人家族と一緒にアジアリゾートを満喫してきました。


初の羽田からの海外、やっぱり便利だな~。


国内感覚で行けちゃいます。


プーケットはほどほどに暑い感じ。人も親切だったし食事も口にあったし


ヨーロッパ人のリゾート地ですね。日本人にはほんの少ししか会わなかった~。


街の散策、プール、海、サファリツアー、お決まりですがマッサージと


物価の安さもあって買い物もしてきましたよ。


南国特有の色使い、素敵ですね。あの濃いピンクやオレンジに心動かされます。

 p1.jpg

最近、沖縄ばっかりだったけれど海外もやっぱりいいな~。


次に目指すはバリ島、フィジーかな。

top


今日から本格的にスタート。


年々お正月らしさがなくなっている気がしますが


本年も新たな気持ちで楽しみ成長していきたいと思います。


どうぞよろしくお願いします~。

kinga.JPG

写真は年始に明治神宮に行った時のもの。

今年は売店が去年より充実してびっくりでした。

top