2013年6月アーカイブ

 ここのところ梅雨らしい天候ですね。

来年はワールドカップということで日本代表の予選やコンフェデレーションズカップも

あって当分サッカー好きにはたまらない期間となりそうです。

5年前から息子がサッカーを始めたこともあって試合に出かけることが多いのですが

ユニフォームデザインというのも本当に大切だなと思います。

デザイン、カラーによってチームの最初の印象が決まります。

例えば目の覚めるような真っ赤なユニフォームデザイン、父兄の第一声は「あのチームのユニ

フォームかっこいいな」「強そうだな~」。

逆にちょっとダサいと「弱そうだな~」「なんであんなユニフォーム選んだんだろう」なんて

言われちゃうことも。

カタチから入るのもどうかと思いますが選手たちのテンションを上げるのには

ユニフォームデザインは本当に大切だと思います。

1つの制服効果ですね?(笑)


最近、目にした中でとても気に入ったものがありました。ハワイ アーセナルのサッカーキャンプの

コーチングディレクターをつとめられている方が東京に春から設立した「JYFA」 のユニフォーム。

ちょっと視点は違いますが、サッカーチームでありながら日本らしさ、良くみると日の丸が

サッカーボールになっていたりフォントにもこだわっていて好きです。
 
外人の方ならではの視点だと思います。

http://www.jyfa.jp/about/

top


 こんにちは、ここのところ梅雨らしい季節が続きますね。


 今度の日曜日は東京都議会議員選挙ですね。


今回は、今までの選挙を覆すようなポスター デザインにびっくりしています。


若い世代を意識しているデザインということが手に取るようにわかりますね。

一見、不動産か施設のポスターかと思いました。


1.人気の若手女性タレントさんを起用している


2.デザインがスタイリッシュ


3.キャッチコピーも考えられている


 私の記憶ではこんな選挙のポスターは初めてではないかと思うのですが

いかがでしょうか。


このポスターデザイン効果で投票率が上がるといいですね。


top

 デザイン会社で仕事をしていると日々「デザイン」という言葉を当たり前のように使います。

しかし最近気付いたのですが、さまざまなシーンで「デザイン」という言葉が使われていますね。

「人生をデザインする」

「ボディをデザインする」

「キャリアをデザインする」

「時間をデザインする」

今朝もJ-waveを聴いていたら別所哲也さんが「あなたはどう一日をデザインしますか?」と

語りかけていました。

あらためて「デザイン」という言葉の意味を調べてみたくなりました。


日常生活に「デザイン」って言葉、オシャレでいいな~なんて思います。

design(Yahoo百科事典より)

構想、計画、設計、意匠などのさまざまな意味を含み、これらの総合として、
またいずれかに力点を置いたものとして用いられる。一品製作にとってかわった近代以降の
生産方式においては、ただ単に事物がつくりだされるということ以上に、生産のシステムを整え、
あるいは生産物が社会のなかにどのように位置づけられるのかをまえもって考慮するなど、
方向づけの段階が重要となった。
デザインの語義のなかに含まれる構想や計画とは、近代的な生産方式に欠くことのできない、
このような前提の思考をさしている。しかし、実際の段階に入っていっそう具体的に設計され、
製品化されるプロセスでは、整合性と相まって美の問題がかかわり、
こうした視点からデザインのよしあしが論じられることになる。
デザインということばは多義性をはらんだまま、それらを総括する用語として用いられている。

top

 先週、日経新聞でみかけたタイトル&記事です。

最近、ロゴ入りのパックや洋服を愛用する女性が増えているそうなんです。

ブランドが一目でわかるようなロゴ入り商品というのはバブル破壊以降、敬遠されて

きたそうですがそれを知らない20代が中心となってロゴをワンポイントなおしゃれとして

とらえているそうです。

私もその昔、ご多分に漏れず、そのブランドのポリシーも知らずに

フェイクアイテムのようにブランド品を持っていた時期もあったことを思い出しました。

でもある時期から、私には合わない気がしてパタッと買わなくなったんですよね。

でもさりげなくそのブランドの世界観が合う人がつけていると素敵ですよね。

数年前、私のラッキーレターは「H」ということをある方に教えて頂いてから

Hで始まるブランドのネックレスは「願」をかけるように今も愛用しています。

どちらにしてもブランドは景気の象徴でもあるし、いいことですね。

top

 今日、6月5日はロゴの日なんだそうです。

ちなみにある会社さんがネットを使ってロゴの人気調査をしたところ

1位はアップル、2位はナイキ、3位にコカ・コーラ、以下ソニー、ユニクロ、

トヨタ自動車などで、印象的で、広く知られたロゴマークに親しみを感じていることが

わかったそうなんです。

確かに企業名を言われるとぱっとイメージできますよね。

私もアップルの以前のロゴとか現在のシンプルさとか大好きです。

あんなに思い切ったカラー変更をしたのもアップルだな~と思います。

ロゴは、企業イメージを伝える大切な象徴とともに

社内に向けての企業理念の指針みたいなものだと思います。

ロゴマークの制作やリニューアルを検討されている方は

ぜひお気軽にお問合せ下さい。


top