2014年8月アーカイブ

 先週、仙台のデザイン専門学校から


インターン生が来てくれました。


2年前に同学校から見学にきて下さった生徒さんが


後輩の方にお話ししたらしく「ぜひ働いてみたい」ということから


先生からご相談いただきました。


1週間ほどデザイン会社の仕事を体験して頂きました。


弊社は中途入社ばかりで学生が加わるとまた違った空気感でいいですね。


一生懸命仕事に向かう姿はとても新鮮でした。


スタッフたちもとってもいいリーダーシップやサポートを


行ってくれて我が社にとってもいい一週間でした。


体験頂いたのは、クライアントとのスカイプミーティングや


画像の切り出し、100案出しのロゴデザイン、新規営業の同行、一緒にブランド勉強会


にも参加しました。とても刺激を受けたようです。


何か将来の役にたったらこんなに嬉しいことはありません。


ぜひ頑張って下さいね。

oikawa_.jpg

 | |
top

 久しぶりにダイアログインザダークに行ってきました。

ダイアログ・インザダークとは、真っ暗闇の中を約90分間、白杖を持って

盲人の方にアシストしてもらいグループ8名で歩くというものです。

定期的にテーマが変更されるのですが今回のテーマは

「僕たちの夏休み」というものでした。


暗闇の中に公園があり、ブランコや水鉄砲などで遊んだ後、

お爺さんのお家に遊びに行くという設定でした。

お爺さんのお家に縁側からあがりちゃぶ台や昔のカセットデッキ、

麦わら帽子などがおいてあるのをまったくの暗闇で体験、

線香花火も音で楽しむということを体験しました。


その後、グループでカフェに入り、ビールやジュース、お茶、お菓子などを

注文しました。

今回、初対面の方とグループになりましたがお互いあだ名を呼び合い、

助け合って90分暗闇の中を楽しみました。

中に子どもたちがいたのですが彼らの順応性は素晴らしいなと感じました。

入る前は、おどおどしていたのですが入って3分後には慣れて暗闇を

楽しんでいるようでした。

大人は学ぶことが多いです。

この夏、ぜひ体験してみて下さいね。

いかに視覚に私たちが頼っているか、他の4感を使っていないか?

ということが体験できると思います。

サポートして下さった古賀っち、グループの皆さん、ありがとうございました。


 | |
top

 海外展開するあるブランドプロジェクトの


お仕事をお手伝いしています。


ブランドのネーミングから考えるというお仕事で決定後、


ロゴマークなどを作って行きます。


その中ではじめてご一緒したネーミングライターさん。


その女性、経験も豊富なようですがご一緒させて


頂いていて本当に気持ちのよいお仕事をして下さいます。


まず短い納期にも関わらず要点を押さえた完璧な提案、


プロとして意見、やんわりとご自分の方に軌道修正する


雰囲気作り、クライアントさんも最後の方は、ライターさんを


「先生」と呼ぶほど。


仕事の出来る方は文句は言わずにとにかく真摯にその仕事に向き合って


下さる、そんな方々とご一緒にお仕事させて頂けるのは本当に幸せです。

 | |
top

 先日、セミナーの帰りに渋谷の街を自転車で走っていると


夏に特別に設置されたビヤガーデンがにぎわっていました。


特製のビールカクテルやフローズンビール、


美味しそうなお料理がいっぱい。


浴衣姿の方も多くみられました。


そこで工夫されていたのが


まずビヤガーデンに入る前のミニシアターです。


ビールを注文する前に、2分間ほどキリンの一番搾りが


出来るまでの工程や美味しいビールのムービーを観ないと


ガーデンに入れないようになっており


お金を払う側が広告をまず強制的に観せられるのですが


ますます早く入ってビールを飲みたくなるような


映像になっています。

 

ちなみに私はその時、セミナーの帰りにふらっと立ち寄っただけ

だったので一人、それも22時近くてちょっと間抜けな感じでしたが

これも夏のいい思い出ですね。

 | |
top


sign_.jpg


 思わず写真を撮りたくなるようなトイレの入り口サインをみつけました。


パリでブレイク中の新進気鋭のパン職人 ゴントラン シェリエ」さんと


人気のファッションブランドを手がけるベイクルーズが組みオープンパン屋さんです。


ゴントラン シェリエ 東京


場所は、渋谷駅前の明治通りと宮益坂の交差点の角にあります。


以前から前を通っていたのですが、なんとなく入る機会がなくオープンから2年


たった今、初めて利用しました。パリでは老舗だそうです。


1Fで販売されていて3Fがイートンスペースになっています。


そのフロアにあるトイレ入口のサインがとてもオシャレ。


さすがパリから来ただけのことはあります。


内装にあったサイン、出来そうで実践できていないところも多いと思います。


私の尊敬するマーケッターの方の言葉に「ラスト10%のツメ」というのがあります。


それを実践出来ているお店だと思います。

 | |
top

spacer

カテゴリー

アーカイブ

リンク