2014年11月アーカイブ

 最近、欠かさず見ているのが金曜日夜のソウル大学 キム・ヨンド先生の

「ソウル白熱教室」。

温かい資本主義を提唱し、「自分とは探すものではない、なるものだ!」と

明るく受講生たちに熱いメッセージを送って下さいます。


ソウル大学といえば日本では東大と同レベル、その超名門の人気ナンバーワン教授。

大学では、「生活科学学部消費者学科」を担当されています。

日本と同じような競争社会の韓国。人々のさまざまな悩みに明快に回答して下さいます。


著書には「つらいから青春だ」ではこんな勇気のでる言葉を書き綴ってくれています。


「自分の潜在力を信じろ。
はっきりした目標がなかったり、それが多少揺らいだとしても、
自分への信頼を忘れるな。」
「大事なことは、失敗しないことではなく、愚かな失敗をくりかえさないことだ。
失敗から学び、そこから一歩ずつ自分を成長させること。
それが偶然への正しい頼りかただ。」

「挫折やあきらめの理由を自分でつくってしまってはいけない。
きみにはまだ時間がある。 」

「忘れるな。卵は自らで割れれば生命になるが、人が割れば料理の材料だ。
「自分の仕事」をしろ。そして、「明日」が導く人生を生きろ。」


...(『つらいから青春だ』より)


いくつになってもどんな立場の方でも必ずヒントになることがあると

思います。

http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/seoul/

------------------------------------------------------------

第1回 あなたの全盛期は何歳?

第2回 人生でいちばん楽しいことは?

第3回 名前をなくした女性たちへ

第4回 親が子どもにできる最善のこと

top


毎年恒例のクライアントやお取引企業さまに

贈らせていただくX'mas&new year カードの社内コンペを

行いました。一人1アイディア以上の提案で

みんなで投票して決定しています。

毎年、思いますが業務の忙しい中でも楽しんでみんな

アイディア出しをしてくれます。

本当に素晴らしいです。

今年も力作が勢揃い。楽しみにしていてください。

xmas_.jpg


 | |
top

spacer

カテゴリー

アーカイブ

リンク